任意の自動車保険は、複数の補償内容によって成り立っています。部分的に補償金額を手厚くしたり、不要とすることで、支払う保険料の金額を調整することができます。任意で自動車保険に加入するときは、必ず補償を付けておくべき項目と、あえて付ける必要がない項目があります。
必ず付けておくべきなのは、人身傷害補償です。これは自動車を運転している本人や、その同乗者が万が一の事故によりケガや、後遺症を負ってしまったときに補償してくれます。さらにはタイプによっては、契約している車以外の事故に関しても補償が受けられます。例えば保険の契約者とその家族が、歩行中に事故に遭遇した場合、自転車に乗っていて事故に遭った場合でも補償を受けることができるのです。
ただし、補償範囲を広げる、補償を手厚くしてしまうと、その分だけ保険費用に上乗せされてしまいます。それを少しでも節約したいときは、設定金額を下げる、限定特約などの制限を付けることで、保険の費用を抑えることができます。
また任意で、医療保険に加入されている方も多いです。保険の種類によっては、交通事故も補償の対象となりますから、自身が加入している医療保険の内容を再度確認してみることをおすすめします。補償が受けられるなら、自動車保険でそれを付ける必要はありません。