自動車保険に加入していると、人身傷害保証になるものがあります。この保証の特示談交渉の結果が、保険金の支払いに影響をしない事です。賠償金の給付は、示談が成立した後になります。
その他の特徴として、被保険者の過失でも入院や通院にかかった医療費や休業をして貰えます。死亡時には利益損失といい、もし被保険者が生存していたら得られたはずの利益分も保証します。被害者への賠償金も保証の対象になります。いわゆる人身傷害補償になります。
この保険の対象になるケースとして、被保険者の歩行中や自転車での走行による自動車事故が含まれます。
単独事故も保証の対象になります。例えば、自動車を運転中に電柱やガードレールと衝突した場合です。
搭乗者傷害保険とは、契約している自動車に乗っている人が死亡もしくは怪我をした場合に保証をされるタイプです。その為、運転をしてない、同乗者も保証の対象として該当します。
特約などを利用して、この両方の両方に加入している状態が良いです。しかし、保険料が高くなるので、
どのような保証内容を手厚くしたいのかによって加入を決めます。
保険会社や保険料によって、その保証の内容が異なります。複数の会社から見積もりを貰って決める事が大切です。