搭乗者傷害保険は、契約中の自動車を運転していた人や、その自動車に同乗していた人が、交通事故によりけがを負ったり死亡したりした場合に、その損害を補てんするために保険金が支払われるものです。この保険は、事故の相手方との示談が終わっていない状態でも、スピーディーに保険金が支払われるところに特徴があります。そのため、けがの治療にあてるための保険金は、けがをした身体の部位や症状によって、あらかじめ一定の金額が決まっています。死亡の場合も同様に一定額となります。こうした支払い方法であるため、場合によっては治療にかかった実費よりも少ない金額の保険金しか下りないということもあり得ます。
いっぽう、似たような保険として人身傷害補償保険があります。こちらは契約者本人とその家族であれば、契約中の自動車に搭乗中の事故のほか、他人の自動車に搭乗中の事故や歩行中の事故でも保険金が支払われます。けがをしたときの保険金の算定についても、実際に必要となった治療費や、通院のための交通費、休業補償などをすべて含めた金額が認められます。
このように、両者は似ているものの、保険の対象となる範囲や支払い方法が異なっていることから、あわせて同時に加入することも可能となっています。