搭乗者傷害保険というのは、保険に加入している自動車に乗っている搭乗者が、交通事故でケガをしてしまったり、死亡してしまった場合に過失に関係なく補償され、治療費や収入にかかわらず契約時に定めた金額が支払われる保険となります。
この保険における補償対象者は搭乗者となっていて、搭乗者とは、保険加入中の自動車の運転時に車に乗っているすべての人、すなわちドライバーおよび同乗者の両方を含みます。
ただし、正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の者に限定されるため、トラックの荷台などに乗っている人は補償対象外となります。また、暴走族のような違法走行中に事故を起こしてケガをした人や、飲酒運転による事故を起こした人なども補償対象外となるため、注意が必要です。
ここで、補償対象者である搭乗者ですが、契約者以外の他人が含まれてしまっても大丈夫なのか心配になる方もいるはずです。
ですが、この保険は自分に過失がない事故でも、搭乗者がケガをしたり死亡したりすれば補償の対象になり、契約者以外のドライバーはもちろん、助手席や後部座席にも乗っている人たち全ての他人が搭乗者として保険の補償対象になるので安心です。
この保険は基本的な補償をしてくれる保険ですので、自動車保険に加入の際は付帯することをお勧めします。