自動車保険の中に、契約車に搭乗していた人の損害を補償する保険として「搭乗者傷害保険」があります。搭乗者傷害保険では契約車に乗っていた搭乗者(運転者含む)であれば、事故における過失に関係なく補償されます。ただし、飲酒運転や違法な乗り方をしていた事故による損害は補償されません。

なお、搭乗者傷害保険は請求しても等級は下がりません。また、対人賠償保険や自賠責保険からの賠償金などとは関係なく別途に支払われます。

ところで、搭乗者傷害保険の保険金の支払方法には2つの種類があります。

1つ目は「日数払い」で、入院や通院に掛かった日数分の金額が支払われます。入院の場合は1日につき保険額の0.15%、通院の場合は0.1%になっています。仮に、1,000万円の契約をしたとすると、入院の場合は1日に付き15,000円、通院の場合は10,000円が支払われます。ただし、「平常の生活」や「通常の業務」に戻れる程度に回復するまでに要した期間分しか支払われません。

2つ目は近年主流になっている「部位症状別払い」で、ケガをした部位ごとに決められた金額が支払われる方法です。例えば、ムチ打ちは5万円、腕の骨折は35万円、足の切断は100万円などと、予め保険額が決められています。従って、回復に要した日数は考慮されません。