保険金が支払われないのは、起こってしまった事故やけがが、被保険者の故意または重大な過失によって生じた場合です。具体的には、自分から車に飛び出したり、あえてドアに指や腕などを挟む等の自傷行為が考えられます。また、重過失については、飲酒運転やシートベルトをしめずに走行していたり、車両が整備不良であるのに放置して運転したり、病気や薬物の影響により正常な運転ができない状態での運転といったことが含まれます。共通することは、いずれもけがをすることが当然と思われるような状況だった場合であるということです。一般的に生活している上で、注意するまでもなく気づいたはずの事情に気が付かなかった、あるいは故意にそれを引き起こしたということなので、車の運転者に対する補償はありません。これは、被保険車両を本来の所有者の了解を得ないままに運転していた場合も含まれます。著しい注意義務違反や法律に反する行いをした場合は補償の範囲外になるのです。しかし、運転者がそういった状況にあっても、補償を受けられる場合があります。それは、同乗者への補償です。搭乗者傷害保険の補償対象者には同乗者が含まれるため、同乗者は何らかのけがをしたり、障害を負った場合は補償を受けることができます。