» 未分類のブログ記事

搭乗者傷害保険は、契約中の自動車を運転していた人や、その自動車に同乗していた人が、交通事故によりけがを負ったり死亡したりした場合に、その損害を補てんするために保険金が支払われるものです。この保険は、事故の相手方との示談が終わっていない状態でも、スピーディーに保険金が支払われるところに特徴があります。そのため、けがの治療にあてるための保険金は、けがをした身体の部位や症状によって、あらかじめ一定の金額が決まっています。死亡の場合も同様に一定額となります。こうした支払い方法であるため、場合によっては治療にかかった実費よりも少ない金額の保険金しか下りないということもあり得ます。
いっぽう、似たような保険として人身傷害補償保険があります。こちらは契約者本人とその家族であれば、契約中の自動車に搭乗中の事故のほか、他人の自動車に搭乗中の事故や歩行中の事故でも保険金が支払われます。けがをしたときの保険金の算定についても、実際に必要となった治療費や、通院のための交通費、休業補償などをすべて含めた金額が認められます。
このように、両者は似ているものの、保険の対象となる範囲や支払い方法が異なっていることから、あわせて同時に加入することも可能となっています。

任意の自動車保険は、複数の補償内容によって成り立っています。部分的に補償金額を手厚くしたり、不要とすることで、支払う保険料の金額を調整することができます。任意で自動車保険に加入するときは、必ず補償を付けておくべき項目と、あえて付ける必要がない項目があります。
必ず付けておくべきなのは、人身傷害補償です。これは自動車を運転している本人や、その同乗者が万が一の事故によりケガや、後遺症を負ってしまったときに補償してくれます。さらにはタイプによっては、契約している車以外の事故に関しても補償が受けられます。例えば保険の契約者とその家族が、歩行中に事故に遭遇した場合、自転車に乗っていて事故に遭った場合でも補償を受けることができるのです。
ただし、補償範囲を広げる、補償を手厚くしてしまうと、その分だけ保険費用に上乗せされてしまいます。それを少しでも節約したいときは、設定金額を下げる、限定特約などの制限を付けることで、保険の費用を抑えることができます。
また任意で、医療保険に加入されている方も多いです。保険の種類によっては、交通事故も補償の対象となりますから、自身が加入している医療保険の内容を再度確認してみることをおすすめします。補償が受けられるなら、自動車保険でそれを付ける必要はありません。

自動車保険に加入していると、人身傷害保証になるものがあります。この保証の特示談交渉の結果が、保険金の支払いに影響をしない事です。賠償金の給付は、示談が成立した後になります。
その他の特徴として、被保険者の過失でも入院や通院にかかった医療費や休業をして貰えます。死亡時には利益損失といい、もし被保険者が生存していたら得られたはずの利益分も保証します。被害者への賠償金も保証の対象になります。いわゆる人身傷害補償になります。
この保険の対象になるケースとして、被保険者の歩行中や自転車での走行による自動車事故が含まれます。
単独事故も保証の対象になります。例えば、自動車を運転中に電柱やガードレールと衝突した場合です。
搭乗者傷害保険とは、契約している自動車に乗っている人が死亡もしくは怪我をした場合に保証をされるタイプです。その為、運転をしてない、同乗者も保証の対象として該当します。
特約などを利用して、この両方の両方に加入している状態が良いです。しかし、保険料が高くなるので、
どのような保証内容を手厚くしたいのかによって加入を決めます。
保険会社や保険料によって、その保証の内容が異なります。複数の会社から見積もりを貰って決める事が大切です。

自動車保険の中に、契約車に搭乗していた人の損害を補償する保険として「搭乗者傷害保険」があります。搭乗者傷害保険では契約車に乗っていた搭乗者(運転者含む)であれば、事故における過失に関係なく補償されます。ただし、飲酒運転や違法な乗り方をしていた事故による損害は補償されません。

なお、搭乗者傷害保険は請求しても等級は下がりません。また、対人賠償保険や自賠責保険からの賠償金などとは関係なく別途に支払われます。

ところで、搭乗者傷害保険の保険金の支払方法には2つの種類があります。

1つ目は「日数払い」で、入院や通院に掛かった日数分の金額が支払われます。入院の場合は1日につき保険額の0.15%、通院の場合は0.1%になっています。仮に、1,000万円の契約をしたとすると、入院の場合は1日に付き15,000円、通院の場合は10,000円が支払われます。ただし、「平常の生活」や「通常の業務」に戻れる程度に回復するまでに要した期間分しか支払われません。

2つ目は近年主流になっている「部位症状別払い」で、ケガをした部位ごとに決められた金額が支払われる方法です。例えば、ムチ打ちは5万円、腕の骨折は35万円、足の切断は100万円などと、予め保険額が決められています。従って、回復に要した日数は考慮されません。

保険金が支払われないのは、起こってしまった事故やけがが、被保険者の故意または重大な過失によって生じた場合です。具体的には、自分から車に飛び出したり、あえてドアに指や腕などを挟む等の自傷行為が考えられます。また、重過失については、飲酒運転やシートベルトをしめずに走行していたり、車両が整備不良であるのに放置して運転したり、病気や薬物の影響により正常な運転ができない状態での運転といったことが含まれます。共通することは、いずれもけがをすることが当然と思われるような状況だった場合であるということです。一般的に生活している上で、注意するまでもなく気づいたはずの事情に気が付かなかった、あるいは故意にそれを引き起こしたということなので、車の運転者に対する補償はありません。これは、被保険車両を本来の所有者の了解を得ないままに運転していた場合も含まれます。著しい注意義務違反や法律に反する行いをした場合は補償の範囲外になるのです。しかし、運転者がそういった状況にあっても、補償を受けられる場合があります。それは、同乗者への補償です。搭乗者傷害保険の補償対象者には同乗者が含まれるため、同乗者は何らかのけがをしたり、障害を負った場合は補償を受けることができます。

搭乗者傷害保険というのは、保険に加入している自動車に乗っている搭乗者が、交通事故でケガをしてしまったり、死亡してしまった場合に過失に関係なく補償され、治療費や収入にかかわらず契約時に定めた金額が支払われる保険となります。
この保険における補償対象者は搭乗者となっていて、搭乗者とは、保険加入中の自動車の運転時に車に乗っているすべての人、すなわちドライバーおよび同乗者の両方を含みます。
ただし、正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の者に限定されるため、トラックの荷台などに乗っている人は補償対象外となります。また、暴走族のような違法走行中に事故を起こしてケガをした人や、飲酒運転による事故を起こした人なども補償対象外となるため、注意が必要です。
ここで、補償対象者である搭乗者ですが、契約者以外の他人が含まれてしまっても大丈夫なのか心配になる方もいるはずです。
ですが、この保険は自分に過失がない事故でも、搭乗者がケガをしたり死亡したりすれば補償の対象になり、契約者以外のドライバーはもちろん、助手席や後部座席にも乗っている人たち全ての他人が搭乗者として保険の補償対象になるので安心です。
この保険は基本的な補償をしてくれる保険ですので、自動車保険に加入の際は付帯することをお勧めします。